後悔しない土地選び

土地の選び方について

土地のすべて家を建てることは大きなライフイベントなので、土地選びで失敗することを避けます。
土地は選び方のポイントがあります。
まず地盤の確認です。
過去に地盤沈下があった場所や軟弱地盤では家を建てても長く住めない可能性が高いです。
各自治体では防災マップを作成しており、台風や大雨、津波などで起こる被害の危険性を示しています。
そして土地を見る時は、建築士や工務店の人など専門家に動向してもらって、状態を判断してもらうと安心です。
次に方位も重要です。
隣接する家が邪魔で日当たりや風通しが悪くなるケースは少なくありません。
日当たりを確保するために南側に開放的な空間を設ける時も、周囲の環境によります。
また周辺の利便性も確認します。
スーパーや大型商業施設が近い方が良いのか、閑静な住宅地に住みたいのかをはっきりさせます。
病院や学校が近いと子育てを見据えた土地選びができます。
学校に通う子供がいる家庭では、通学路が安全かもチェックします。
大通りや住宅地などは人が多く集まるので、犯罪に巻き込まれる確率が下がります。
反対に狭い路地はできるだけ避けます。
悪臭がする施設や、電車や飛行機などの騒音も住み始めるとトラブルに発展しやすいです。

土地を購入した場合の仲介手数料

土地や建物を仲介により購入した場合、仲介をしてくれた不動産業者に対して手数料を支払う必要があります。
手数料は宅建業法によって決められているものですから、不動産業者が違っても取引額が同じであれば仲介手数料も同じになります。
法律により報酬額が決められているため安心感がありますが、不動産業者にとっては主な収益源となります。
仲介ですから手数料を取ることで経営しているのが不動産業者ですが、最近では土地の取引で仲介手数料を取らない不動産業者もあります。
仲介に係る手数料は、売却する側と購入する側の両方から取ることが可能ですが、無料で経営できるのは売る側からしか手数料を取らない仕組みが使われています。
仲介は買取よりも土地を高く売ることが可能ですが、買い手が見つからなければ売ることができない性質があります。
売り手を早く見つけるには、売却する物件を魅力的にする必要がありますが、物件にお金をかけてまでイメージアップをするのはコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。
購入する側の仲介手数料を無料にすることで、買い手にとっては買いやすい条件が出てくるため、売る側には買い手が見つかりやすく早く売却できる可能性が高くなります。